ことりちゃん山行記

山をはじめたことりちゃんの凸凹成長記録です

紅葉の妙法ヶ岳(三峯神社奥宮)

すっかり秋らしくなりました。今年の秋は台風が少なく、ラニーニャ現象で急に冷え込んだので、木に残った葉がきれいに色づき、紅葉の当たり年だそうです。(ちなみに、こんな年の冬は雪が多くて、来年の山は雪解けが遅く、花も遅めになるのだとか。)

 

関東屈指のパワースポットとしてよく知られる三峯神社。その奥の院がある妙法ヶ岳(標高1,329m)に登ってきました~。連日の晴れ模様の中、生憎この日は曇り空でした。(この秋はお天気に恵まれないことが多くてちょっと残念。)

f:id:tyrolean:20201108095020j:plain

駐車場の上から望む、奥秩父の山々

 

三峯神社は埼玉県秩父市に社殿を構え、秩父神社宝登山神社と並ぶ秩父三社の一つに数えられる神社です。今から約1900年前、景行天皇の時代に、東征する日本武尊によって創建されたと伝えられます。御祭神は『伊弉諾尊イザナギノミコト)・伊弉册尊イザナミノミコト)』の夫婦神。また、大口真神(オオクチノマカミ)=オオカミを神様のお使いとしてお祀りしています(狛犬は狼です)。

 

本殿の参拝を済ませたら、いよいよ奥宮に向けて出発です。境内脇の奥宮参道入口から入りました。本殿から奥宮までには三基の鳥居を潜って行きましたが、扁額の変化が修験道の厳しさを表しているようで興味深かったです。

f:id:tyrolean:20201108112051j:plain
f:id:tyrolean:20201108112104j:plain
f:id:tyrolean:20201108112123j:plain
左から右へ 奥へと進みます

 

最後になかなかハードなくさり場を超えて、一時間半ほどで無事登頂。既に日は陰ってきていましたが、後ろには青空を拝めました♪ 

f:id:tyrolean:20201108104644j:plain

三峯神社奥宮

 

また、奥宮からは雲取山から三峯神社に続く縦走路がよく見えました。

 

f:id:tyrolean:20201108113254j:plain

雲取山からの縦走路

 

秋晴れとはいきませんでしたが、その分日焼けを気にしなくて済んだのはよかったです。時折吹く風も冷たくはなく、鳥のさえずりも聞こえない静かな山の中で、落葉を踏みしめる音だけが耳に響きました。